松下玲子オフィシャルサイト
まっすぐに ひたむきに 政治改革

松下玲子は、実現していきます。

松下玲子は、実現していきます。

選択的夫婦別姓を即時に導入

夫婦同姓は、いまや、ビジネスでも障害になっており、経団連会長も導入を求めています。私自身も、結婚によって姓が変わることでの不便さを実感しています。これは財源不要の政策です。自民党にやる気がないだけです。

「年収の壁」をなくし、誰もが意欲や能力を発揮できる社会に

子育てをしながら仕事をしてきた生活実感と、すべての経験を活かして、理不尽な賃金制度、税制度、社会保障制度を変えていきます。

子どもの「いのちと健康」にかかわる制度は、全国どこでも同じに

武蔵野市長として、保育園の待機児童ゼロ、18歳までの医療費の所得制限・自己負担のない完全無償化を実現し、学校給食費無償化に向けて取り組んできました。子どもの権利として、国として保証し、全国どの自治体でも、当たり前のことになるようにしていきます。

「原発ゼロ」の社会をつくる

3.11福島原発事故は、東京も数十年も住めなくなる可能性がありました。「再生可能エネルギーの普及促進」で原発を減らし、次世代が安心して暮らせる環境をつくります。

自民党政治を終わらせ、政治を変える

これらの政策が実現できないのは、自民党が政権を握っているからです。組織ぐるみで裏金作りをしている、モラルなき政党に、もう政治は任せたくない。みなさんとともに、政治を変えます。

日本国憲法の平和の理念を守り、はぐくみ、活かす

戦争は始まってしまうと、終わらせるのが困難です。政治の大きな役割は、絶対に戦争をしないことだと確信しています。

松下玲子

1970年9月26日愛知県名古屋市生まれ

1970 年生まれ、実践女子大学文学部卒業後、サッポロビール入社。
2004 年 早稲田大学大学院経済学研究科修了、松下政経塾での研修を経て、2005 年・2009 年 武蔵野市選挙区で都議会議員選挙に当選。2017 年 市民の要請により武蔵野市長選に立候補して当選、2021 年に再選、2023 年11 月末退任。
現在、立憲民主党東京都第18 総支部長。趣味は美術・演劇・落語鑑賞、料理。家族は夫と子ども。

活動報告

【松下玲子/東京18区】立憲民主党全国女性キャラバン 街頭演説会【吉祥寺駅】

【女性議員を増やし、ジェンダー平等を推進する全国女性キャラバン】  2024年、日本のジェンダー・ギャップ指数ランキングは146カ国中118位。国会議員の女性比率は16%、女性議員ゼロの地方議会は200を超えます。男性議員ばかりの議会では、女性が抱える不利益や

続きを読む 》
告知

【告知】7月16日立憲民主党全国女性キャラバン【松下玲子/東京18区】

立憲民主党は、女性議員を増やし政治分野におけるジェンダー平等を推進するために「全国女性キャラバン」を実施しています。今年も女性参議院議員や女性自治体議員を中心に、全国各地に駆けつけて街頭宣伝、集会、意見交換などを行っています。(党HPより引用) キャラバン第1

続きを読む 》
〒180-0006
東京都武蔵野市中町1丁目21-8
イトーピア武蔵野ブランマーク210

TEL:0422-50-0696
FAX:0422-50-0697
Facebook
Twitter
LinkedIn